プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下大阪府知事の失速と、いいわけ

■「普天間移設:「話あれば関空に」橋下大阪府知事(毎日)」の続報。


米軍訓練の関空受け入れ「政府がどう取り組むか」沖縄知事

『産経』2009/11/30 20:13

 沖縄県の米軍普天間飛行場の危険性除去に絡み、大阪府の橋下徹知事が航空機訓練の一部を関西空港で受け入れる議論を拒否しないと発言したことに、仲井真弘多沖縄県知事は30日、「意識を持っておられる知事さんがおられ、それなりに関心を持っていただいていると思うが、政府がどう取り組むかだ」と述べ、同飛行場の移設問題を検証している日米両政府の作業グループが具体策を提示することに期待を示した。

----------------------------------------------
■しかし、おもったとおり「失速」した。


橋下知事が後退発言「普天間論議は自治体の長が言うべきでない」 
12月2日10時46分配信 産経新聞


 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり、大阪府の橋下徹知事は2日、「基地問題は自治体の長が言うべきことではない」と述べた。橋下知事はこれまで「沖縄の基地負担の軽減につながるなら関西全体で議論したい」などとしてきたが、「答えるべきことではなかったが、記者の質問があったから答えた。報道されることで誤解を与えるべきではない」とトーンダウンさせた。

 この日、沖縄選出の国会議員らが大阪府庁を訪れる予定があることを受け、対応を尋ねられて答えた。

 橋下知事は議員らとの面会予定はないと述べたうえで、「政府から『基地を関西で受け入れてほしい』という方針が示されれば議論するが、高度の政治判断を有する問題でもあり、国政に何の責任もない自分の領域を超えている」と話した。

----------------------------------------------
■あれあれ。ウソいっちゃいかんよ。だったら、沖縄県知事や名護市長たちは、「高度の政治判断を有する問題」で「国政に何の責任もない」のに、越権行為くりかえしてるってか? そんなはずなかろう。■うけいれるかどうかは、じもとのこえをきかねばならないが、そのプロセスをふむなら、全然「領域を超えている」はずないじゃないか?
スポンサーサイト

テーマ : 軍事・平和 - ジャンル : 政治・経済

<< 21世紀出生児調査 小1の7割超が習い事(フジサンケイ ビジネスアイ)ほか | ホーム | 法と言語 学会 2009年度年次大会、ほか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。