プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21世紀出生児調査 小1の7割超が習い事(フジサンケイ ビジネスアイ)ほか

21世紀出生児調査 小1の7割超が習い事
12月1日8時16分配信 フジサンケイ ビジネスアイ

 小学1年になった児童の75.5%が習い事をしており、入学前と比べ18.5ポイント、約3割も上昇したことが30日、厚生労働省の「21世紀出生児縦断調査」で分かった。同省は「成長に伴い多様なことを学ぶ力がついた結果ではないか」と分析している。

 調査は2001年に生まれた子供が対象。成長を継続して観察し、今回は7回目で約4万人に対して昨年実施した。

 習い事については3万4624人が回答。「している」と答えたのは75.5%に当たる2万6164人(前回調査では57.0%)だった。小学校に入る前、保育所に通っていた子は67.5%(前回42.5%)、幼稚園に通っていた子は83.5%(70.4%)。

 習い事の内容(複数回答)は男児が水泳(34.3%)、サッカー(13.9%)、英会話(11.9%)の順。女児はピアノなどの音楽(36.0%)が最多で、水泳(27.0%)、英会話(15.4%)が続いた。1カ月当たりの習い事費用の平均は1万2000円だった。

 一方、ゲームについて回答した3万5065人の73.7%(2万5845人)が、テレビゲームや携帯型ゲームをしており、前回調査より23.2ポイントも増加。厚労省は「家族ぐるみでゲームをする機会も増えたとみられ、ゲーム時間が長い子の就寝時間が遅い傾向もある」としている。

【用語解説】21世紀出生児縦断調査

 2001年に生まれた子供の経年変化を観察し、データを少子化対策などの企画立案に生かすための追跡調査。1月と7月に生まれた子供を対象に、乳幼児期から調査票を郵送し、回収している。1回目は生後半年に実施。7回目の今回は7歳になった月(昨年1月と7月)に行った。

-------------------------------------------------
■おなじく、『毎日新聞』の記事。


21世紀出生児:習い事は4人に3人 第7回調査結果

 厚生労働省は30日、21世紀最初の01年に生まれた子供の生活実態を継続的に調べる「21世紀出生児縦断調査」の第7回結果を発表した。対象児童は7歳(小学校1年)になった。習い事をしている子は、前回07年調査より増えて4人に3人。一方、就学に伴い、子育ての費用は減少した。

 調査は01年1月と7月に生まれた子が対象で昨年実施し、3万6785人が回答した。

 習い事をしている子は、前回の57%から76%に増えた。習い事の種類(複数回答)は男児が(1)水泳34%(2)サッカー14%(3)英会話12%--などで、女児は(1)音楽36%(2)水泳27%(3)英会話15%--などだった。

 前回調査で51%と半数を超えた「コンピューターゲームをする」子は74%に増加。ゲームの時間が長くなるにつれて、就寝が遅くなる傾向が見られた。

 月平均の子育て費用は3万4000円で、前回(4万8000円)より1万4000円も減った。保育所や幼稚園の保育料・月謝がなくなったことが大きい。だが、子育てでの負担や悩み(複数回答)を聞くと「子育ての出費がかさむ」が37%と最多で、負担感はぬぐえていない。

 一方、母親が有職の割合は56%で、今回初めて出産1年前の55%を超えた。【佐藤浩】

毎日新聞 2009年11月30日 20時07分

-------------------------------------------------
■①いわゆる習い事にいっている児童のわりあいが急増したことを「成長に伴い多様なことを学ぶ力がついた結果」とうけとめることができるか、微妙。特に、幼稚園・保育所に通園・通所していたときと、小学校通学とでは、生活リズムがかわるだろうし、たとえば、ならいごとさきのスタッフが信用できれば、保護者がつきっきりでなくなる時間帯がうまれやすいだろうとか、帰宅後の「託児」機能をはたす面に、もうすこし たちいった分析をする必要がある。
■②小学校にあがると、費用が激減することは想定内だった。就学前教育とやらが私的なこととして、補助があまりないこと、それらが基本的に公立ではなくて、助成金がいくらかあろうが、私立の組織による保育料・月謝がある程度以上はさがらないということを、うらがきしている。■民主党政権による、育児補助・通学援助政策は、こういった状況をかなりかえるだろう。すぐに財源問題・世代間対立がもちだされるが、国民各層の利害対立や不満感をうまく調整するのが、行政・立法ってもんだろう。
■③ついでいえば、①②をつきあわせると、公立小学校にかようことで保育料・月謝の負担感から少々解放されたことが、ならいごとへと、たとえば母親たちをむかわせている可能性がうかがえる。■そうだとすれば、「成長に伴い多様なことを学ぶ力がついた結果」といった解釈は、完全なまちがいということになる。
■④保育所にかよっていた子たちが、幼稚園にかよっていた子たちよりも、「習い事」の比率がかなりひくいのは、母親のはたらきかたによるものだろう。ともばたらきで裕福な家庭と、たとえば父親がひとりでかなりかせぐばあい、母子家庭のなかでの母親の所得格差とか、いろいろかんがえるべきことがありそうだ。
■⑤あと、ならいごとは、かよっていると、かよっていた、とで、全然ちがう。複数回答ってこともふくめて、コドモは、半年や数か月で、やめてしまうとか、いろいろあるので、そのへんにも注意が必要だろう。

■⑥いずれにせよ、社会学周辺の社会調査の訓練をうけた人材がこういった調査に、ちゃんとかかわっているのかね? なにか、不安を感じさせる調査。■これで、大学のセンセーたちに「外注」した結果なのだとすれば、一層不安だけどね。




第1回21世紀出生児縦断調査の概要
第2回21世紀出生児縦断調査の概況
第3回21世紀出生児縦断調査結果の概況
第4回21世紀出生児縦断調査結果の概況
第5回21世紀出生児縦断調査結果の概況
第6回21世紀出生児縦断調査結果の概況
第7回21世紀出生児縦断調査結果の概況
  「2 子どもの生活の状況
  「2 子どもの生活の状況(PDF:320KB)」(第7回分)
スポンサーサイト

テーマ : 早期教育・幼児教育 - ジャンル : 育児

<< 新型インフルエンザ騒動の怪33=豚インフルエンザ報道を検証する 第26回 「新型」用ワクチンでも死亡事例多発 | ホーム | 橋下大阪府知事の失速と、いいわけ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。