プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に当局は変死の遺体解剖をのぞんでいるのだろうか?

検視解剖(旧ブログ)、検視解剖(本ブログ)の関連記事。■まずは、「共同通信」配信の『日経』の記事から。

遺体解剖、実施9%・警察庁、法医学会に体制充実要望

 2007年に全国の警察で扱った遺体は前年比5340体(3.6%)増の15万4579体で、司法解剖行政解剖を実施した解剖率は9.5%だったことが23日、警察庁のまとめで分かった。

 大相撲時津風部屋の力士死亡問題などで死因究明の在り方が問われる中、解剖率は前年より0.1ポイント上回ったが、依然として低い水準にとどまっている。

 このため、警察庁は同日、日本法医学会中園一郎理事長(長崎大教授)に「適正な解剖の実施が確保されるように」と体制の充実を求める要望書を提出した。

 法医学会によると、現在、広島と愛媛、佐賀の3県には、大学に法医学の専門医がいない状態。今春も定年や転任などで6大学の医師が教授ポストを去り、専門医不在の県が増える事態が懸念されている。

 警察庁は司法解剖制度が成り立たなくなると危機感を募らせており、学会に若手医師の教育や、ポストの充実も求めた。〔共同〕(16:00)
■おなじく『読売』の記事。


解剖医育成 協力を要望…警察庁
偏在解消向け法医学会に
 大相撲・時津風部屋の力士急死などを受けて死因究明制度の充実が求められるなか、警察庁は23日、日本法医学会(理事長・中園一郎長崎大教授)に、解剖体制の整備に協力を求める要望書を提出し、解剖医の育成と地域偏在の解消について一層の配慮を要請した。

 同学会は昨年末、同庁を含む関係省庁に「解剖医の育成と確保に早急に取り組んでほしい」と陳情しており、一線で問題に直面する者同士が同じ「SOS」を発信し合った格好だ。

 全国の警察が2007年中に扱った死因不明の遺体は15万4579体で、うち解剖されたのは1割に満たない。背景に解剖医が全国で約130人しかいない現状があり、四国や九州では不在か1人という県も増えている。今春に退官、転任する法医学教室の教授の後任が決まらない地域もあり、解剖医の“空白地”の拡大も懸念されている。

 この日、同庁の種谷良二・捜査1課長は中園理事長に、「司法解剖の役割は一段と重要になっており、体制整備に協力してほしい」と要望。中園理事長は「解剖医不足は深刻で現場の負担は限界に近い。国にも協力してほしい」と応えた。

 死因究明制度にかかわる法律や所管省庁は複数にわたり、縦割り行政の下で、その不備が放置されてきた。政府は昨年末、関係4省庁で構成する検討会議を設置したが、一層の連携と議論が求められている。

(2008年1月23日 読売新聞)

-------------------------------------
■方針がかわったのなら、それはタイヘンいいことだ。■しかし、「時津風部屋力士急死」騒動でもわかるとおり、警察当局が検視をつねにのぞんでいたとはおもえない。■故 松岡利勝氏のように、検視をさけるために 火葬にしてしまったのではないかという疑惑のつきまとうケースもすくなくない。■「変死の解剖、わずか9%(読売)」などでもあきらなかとおり、某県の0.9%=111分の1という数値などは、「家族の意向」などを理由に、例外的な変死以外は検視を極力さけているとしかおもえない。■もちろん、「人口600万人の千葉県でさえ法医学の専門医は2人」といった、構造的な医師不足がこの事態の基盤だとはおもうが、要は、法務省や厚生労働省・警察庁などが、「3すくみ」だかなんだかしらないが、「いちいち検視しなくてもいいや」系の「合意」で、なにもしてこなかったことは、否定できないだろう。■松岡氏のように、「単純な自殺」だったという結論が検証されないまま風化してくれた方がいい業界人もいるんじゃないかとか、いろいろ 疑惑がでるようでは、あまりに野蛮な空間としかいえまい。いや、刑務所・拘置所内とか、難民などに対する処遇とか、人権後進国であるという世界的評価と、ちゃんとつりあいがとれているというはなしもあるけどね。
スポンサーサイト

テーマ : 社会問題 - ジャンル : ニュース

タグ : ハイパー独裁 1984年 真理省 安全 警察

<< 「日本国民に誇り」っていうけど… | ホーム | ニセの可視化(警察庁による「取り調べ適正化指針」) >>


コメント

身内の署名なしに警察から医務院に不詳変死遺体を搬送。

はじめまして知久と申します。
路上で苦しがりながら、もがいていた私の兄が仰向いで救急車到着前に力尽きて死亡。同日、夜半23畤30分に待ちに待った兄の遺体?身元確認ね為に残された家族の一人、身内からの連絡で一人で警察の霊安室で対面、すると まず目に入ったのが その遺体の右頬、右眉毛から右頬に向かって機械刃物カッターナイフ、もしくは西瓜を切る刃渡りが長い刃物、直線で見事な刃物損傷、20㌢程。何故か?血は出ていない、痂にもなってない、刃物傷の底の部分は白い、右眉毛は外側から内側にかけて斜めに削がれていた。右頬骨の目尻下には1~2㌢の古い痂があった。目元は苦しんでいたかの様に涙の塊が付着していて左目が僅かに開いたかの様に妹の私は思えた。目が開いたかの様に思えたのは私だけの感情が動いただけです。殺された。
再度 確認をしたら同じ、次の日 刃物傷が疑問で警察に電話すれば刃物カッターナイフ損傷はないと断言をして言い切る刑事。署名、捺印してないに勝手に医務院に搬送!

手を合わせに行けば他人
、顔はケロイド!株式会社シオン 葬儀車が医務院に搬送したときいた!株式会社シオン葬儀業者は警視庁だと 業者自ら聞いた。

携帯からの投稿で、むずかしいとはおもいますが…

知久さま、はじめまして

■ご指摘の組織は、「東京都監察医務院」(http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kansatsu/)のことですよね。■おいかりなのは、充分つたわってくるのですが、変死体に遺族の同意なしにメスをいれたこと(刑事が、かおにナイフきずなどなかったと断言していること)を、問題になさっているのでしょうか? ■それとも、警視庁が、医療系組織である「東京都監察医務院」に搬送してしまったこと自体を問題にされているのでしょうか?■でいりの葬儀業者が、東京都と癒着しているらしい点でしょうか? 葬儀業者は、最近はともかく、ちょっとまえまでは、非常に参入しづらい業種だったときいています。出入り業者としての癒着などがないほうが、むしろ不自然でしょう。
■事実経過と問題点と、もうすこし補足・整理していただけませんか?

★阿修羅♪ > 社会問題5

愛知県警が時津風部屋の事件を当初「自然死」として処理したのは何故か?
http://www.asyura2.com/07/social5/msg/203.html
投稿者 外野 日時 2007 年 10 月 07 日 22:36:49: XZP4hFjFHTtWY

斉藤俊さんの死因特定のための解剖についての用語の使用がいい加減であったので訂正をします
http://www.asyura2.com/07/social5/msg/205.html
投稿者 外野 日時 2007年10月08日 15:22:10: XZP4hFjFHTtWY

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。