プロフィール

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パパが育児熱心→赤ちゃん事故少ない」(読売)

パパが育児熱心→赤ちゃん事故少ない
11月14日3時7分配信 読売新聞
 父親が子育てに熱心な家庭ほど、赤ちゃんが重大な事故に遭う確率が低くなることが、国立保健医療科学院藤原武男・行動科学室長による約4万2000人の分析でわかった。

 こうした大規模な調査は珍しく、英国の疫学専門誌で13日、発表した。

 藤原さんは、厚生労働省が2001年に、当時生後6か月の乳児約5万人を対象に実施した「21世紀出生児縦断調査」をもとに、授乳やおむつ替えなど6項目について、父親が子育てにかかわった度合いを各家庭が自己評価した結果を分析した。各家庭を、子育てに「積極的」「普通」「消極的」の3グループに分け、その後、1年間にわたって追跡調査ができた約4万2000人について、事故の発生率との関連を調べた。

 その結果、父親が子育てに積極的な家庭では消極的な家庭よりも「誤飲」の発生率が21%、「水におぼれる事故」は20%、事故全体では9%少なかった。中でも父親が赤ちゃんと一緒に散歩している家庭では、発生率が顕著に低く、「誤飲」が34%、事故全体で24%も少なかった。

------------------------------------
■まさかはおもうが、父親の育児態度以外の要素が、全部コントロールされていない、なんてことは、さすがにないよね。■もし、それらがコントロールされていないなら、①父親であろうが、だれであろうが、母親以外に参加する人員がひとりでもふえれば、リスク監視の視線がふえるわけで、「重大な事故に遭う確率が低くなること」は、あたりまえ。②父親が育児参加に熱心なら、夫婦関係はもちろん、育児をとりまく環境がよいはずで(たとえば、しごとに忙殺されるとか心身のユトリをうしなうような状況にない)、そういった家庭環境で、「重大な事故に遭う確率が低くなること」は、あたりまえ。

■こういったことは、たとえば「朝食をとる児童は成績がよい」といった擬似相関とにたことが、想定されるんで、念のため。


●日記内「朝食 成績」関連記事
●「食育・体育・パターナリズム
●旧ブログ「朝ごはん」関連記事
スポンサーサイト

タグ : 安全

<< 横浜港開港150周年記念事業の責任者たち【加筆あり】 | ホーム | 一人親世帯の貧困率54・3%、OECDで最悪(読売) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


厚生労働省 新型インフルエンザワクチン

パンドラの箱を開けようとしている自民!霞ヶ関の抵抗勢力にカ~ツ ... 厚生労働省所管の三つの独立行政法人に同省の元幹部ら6人が嘱託職員として雇用されていた問題をめぐり、長妻昭厚労相は17日の閣議後会見で、「三つの独法の6ポストは非常に問題がある。年内に廃...


厚生労働省 助成金

この情報には、個人的に興味あり。。。。。ですね。よーく わかりました。うん、うん。【只今お試し試供品3包おまけ付き】【厚生労働省許可・特定保健用食品】パインファイバースティ..... 厚生労働省許可特別用途食品低カロリー甘味料カロリーが気になる方にシュガーカ...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。