プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴動をおさえこんだ刑務官たちは公務執行?

■旧ブログ記事「徳島刑務所内陵辱疑惑と暴動事件報道」の続報。■『朝日』の記事から。

徳島刑務所の騒動、
  25人を傷害容疑などで書類送検

2008年01月23日

 徳島刑務所(荒島喜宣所長、徳島市)で昨年11月、受刑者が暴れ刑務官5人が負傷した騒動で、同刑務所は23日、20~50歳代の受刑者25人を傷害と公務執行妨害容疑で徳島地検に書類送検した。これで、受刑者の刑事手続きは26人になった。

 調べでは、25人は昨年11月16日午前9時25分ごろ、労務作業を行う工場内で発生した騒動に加わり、刑務官4人を殴るなどし、約1週間のけがを負わせた疑い。

 また、同刑務所では、一部の受刑者から不適切な医療行為が指摘されていた医務課長が騒動の前日、診療中に受刑者から殴られそうになるトラブルがあった。課長はその後、同刑務所内での診療から外れているが、騒動との関連について、荒島所長は「調査中」と詳しい説明を避けた。

------------------------------------
■「騒動」と表現されているが、暴動だよね。■でもって、性的虐待をくりかえしていた医者の件がなくて、この暴動がおきたとは、到底おもえない。
■じゃなにか? これら暴動でけがをした刑務官たちは、虐待の実行犯たる医師を内部告発するような正義漢たちばかりだったのか? 性的虐待の実行犯の行為を傍観する、ないし協力するような場面を一度も経験していないんだな?
■きのうのよるのNHKのニュース(ラジオ)なんて、『朝日』みたいに、事件の背景の説明なんて皆無だったもんな。ひどい「タレながし」報道だ。

■はっきり確認すべきだとおもうが、「「調査中」と詳しい説明を避けた」所長は、「傷害と公務執行妨害容疑で徳島地検に書類送検した」以上、暴動をおさえこんだ刑務官たちは全員公務執行=合法的であり、暴動の参加者たちは全員違法行為をおこなったという判断をくだしたのだから、医師の罪状があきらかになったあかつきには、責任をとるんだろうね。■法務省をはじめとして、刑務所の監督官庁ほか、責任者たちも、これらの経緯を精査したうえで、出処進退を明確にするよね?■これって、法治国家であるかどうかを、端的にとわれているとおもうよ。
■もともと、被疑者の処遇や出入国管理の問題、そして死刑制度やらで、世界に冠たる野蛮国って評価はゆるがないけどさ…。


●Googleニュース検索「徳島刑務所
●ウィキペディア「徳島刑務所担当医師による虐待疑惑報道
スポンサーサイト

テーマ : 社会問題 - ジャンル : ニュース

<< 学力上位者に補習が差別的でないという論理2 | ホーム | 【転送】2008年東海大學日本語文學系国際シンポジウム >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。