プロフィール

ハラナ・タカマサ

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーウェルがコミュニストかどうかなんて、どうでもいいじゃないか…

■だいぶまえの記事【写真等割愛:ハラナ注】。

G・オーウェルに関する機密文書公開、共産主義者説を否定
2007年09月12日 19:30 発信地:ロンドン/英国

【9月5日 AFP】小説『1984年(1984)』や『動物農場(Animal Farm)』で、国家が思想を監視する近未来社会を描いた英国の作家、ジョージ・オーウェル(George Orwell)は、自身が生前20年以上にわたり英国の国内情報活動を担当する情報局保安部(MI5)によって「監視」され続けていたが、MI5ではオーウェルを共産主義の主流派とはみなしていなかったことが4日、新たに公開された記録で明らかになった。

■ロンドン警視庁 VS. MI5の反論

 英公文書館が公開したオーウェルに関するMI5の記録文書によると、破壊工作取り締まりなどを担当するロンドン警視庁特捜部はオーウェルについて「先進的な共産主義思想の持ち主」とみなしていたが、ライバル部署にあたるMI5はこの分析に対し、異議を唱えていた。

 また、オーウェルがまだ本名のエリック・アーサー・ブレア(Eric Arthur Blair)で記者活動をしていた第2次世界大戦中、日曜紙サンデー・オブザーバー(Sunday Observer)の特派員として連合軍総司令部(Allied Forces Headquarters)を取材するために身元審査が行われた際にも、MI5はいかなる反対もしなかった。
 戦時中の1942年にロンドン警視庁特捜部が行った報告では、オーウェルは「進歩的な共産主義思想の持ち主で、共産主義者の集まりでよく見かけるとインド人の友人数人が証言している。オーウェルは仕事場でも余暇の時間でも、ボヘミアン的なファッションを好んでいる」と描写されていた。

 あるMI5高官はこれに反論し、「オーウェルの最近の作品『ライオンと一角獣(The Lion And The Unicorn)』や、左派出版社ゴランツ書店の創始者ヴィクター・ゴランツ(Victor Gollancz)らとの共著『The Betrayal Of The Left(左派の裏切り)』からも明らかなように、彼は共産党を支持していないし、彼らもオーウェルに賛同していない」との分析を書き残している。

■オーウェルはソ連の共産主義を否定

 また1942年の別のMI5報告では、オーウェルについて「若いころは多少アナキスト的な傾向があり、過激分子との接触もあった。疑いなく強い左派的思想の持ち主だが、共産主義の正統派からはかなりかけ離れている」と描写されていた。オーウェルは1930年代、スペインのフランコ独裁政権に反対し、スペイン内戦に参加した経験がある。

 さらに、MI5がオーウェルは共産主義者ではないと結論づけた理由の一つに、左派雑誌に掲載されたアンケートへの回答がある。その中でオーウェルは、ソ連が第2次世界大戦後に存続したとしても、欧州に共産主義の潮流を確立することはないだろうと述べ、ソ連が支配的存在となる可能性を否定したという。

 オーウェルが当時の英情報機関の注目を浴びるようになったのは、英国共産党の当時の機関紙ワーカーズ・ライフ(Workers Life)のパリ特派員をオーウェルが志願していると、通称MI6として知られる対外情報担当の英秘密情報部(Secret Intelligence Service、SIS)が報告したことがきっかけだった。

 オーウェルは1950年に亡くなった。(c)AFP

---------------------------------------
■「ジョージ・オーウェル」(エリック・ブレア)という、ひとりの作家が、コミュニストであろうと、スパイであろうと、ある意味どうでもいいことじゃないか?■はっきりいえることは、かれがスターリニズムに批判的だったこと、すくなくとも、スターリニズム批判とうけとめられる小説『1984年(1984)』や『動物農場(Animal Farm)』をかいて、無視できない影響を欧米や日本にあたえたという事実で充分ではないか?
■あたらしい事実があきらかになるのは、わるいことじゃないし、それをしらべることを無意味とは全然おもわないが、なにかとんでもない事実が浮上したかのようにさわぐ関係者の思考論理が全然理解不能。「疑いなく強い左派的思想の持ち主だが、共産主義の正統派からはかなりかけ離れている」なんて分析は、「そんなもん、作品みりゃ、わかるだろうが」ってね(笑)。



●「オーウェル『1984年』私論
●「オーウェル『1984年』私論2
●「監視社会=オーウェル『1984年』私論3
●「この日記を反オーウェル的だと誤解しているらしい闇黒氏につぐ

●「Wikipediaジョージ・オーウェル
●「Wikipedia 1984年 (小説)
●『ジョージ・オーウェル関連リンク
スポンサーサイト

<< 自衛隊災害派遣中にゴルフ接待 守屋容疑者、沖縄米軍ヘリ墜落翌日も(中日新聞) | ホーム | 小林哲夫『ニッポンの大学』 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。