プロフィール

Author:ハラナ・タカマサ
     【原名高正】
誕生日:ニーチェ/フーコーと同日
職業 :サービス労働+情報生産

日本版ポリティカルコンパス
政治的左右度:-7.6 
経済的左右度:-5.19
【位置 リベラル左派】

前ブログ: 『タカマサのきまぐれ時評

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和の日3=祝日の意味再考21

■旧ブログから ひっぱる、結構ながい「祝日の意味再考」(日記内旧ブログ内)のつづき。■そのなかでも、「昭和の日」は、これで3度めで、これも異例。
■ネタは、昨日の、「産経」の【主張】=社説。


“【主張】昭和の日 苦難の時代から学びたい”
2009.4.29 03:34

 3回目の「昭和の日」を迎えた。言うまでもなくこの日は、昭和天皇の誕生日である。崩御された後、祝日として残すため初めは「みどりの日」とされた。

 しかしその後「激動の時代をしのぶ日があるべきだ」という国民運動を背景に、祝日法が改正され、一昨年から「昭和の日」となっている。

 国民の祝日として定着しつつあるとはいえ、昭和時代の終わりから20年あまりがたった。平成生まれの若者も社会人の仲間入りを始め、国民の意識の中で「昭和」は遠のきつつある。

 だが、昨年秋以来の世界的経済不況や北朝鮮の横暴など日本がさまざまな危機に直面している今、昭和という時代を振り返ってみる意味は決して小さくない。

 経済的には「100年に一度の危機」などと言われる。しかし昭和の時代、中でも焦土から「裸一貫」でやり直さざるを得なかった終戦直後の悲惨さは、現在の比ではなかった。

 そこから立ち直り、奇跡と呼ばれる復興をなしえたひとつの要因は、全国ご巡幸で国民を励まされた昭和天皇を中心に、日本人が結束を保ったことだった。

 国の針路をめぐる論争や対立はあった。それでもあの混迷の時代に、国の分裂や内戦などに至らなかったことも奇跡に近い。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

タグ : ナショナリズム

生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム50

■生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム49のつづき。■今回も、原田和明さんの「毒餃子事件報道を検証する」を転載(リンク・改行等、かってに追加も、いつもどおり)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
世界の環境ホットニュース[GEN] 709号 09年04月25日
         
毒餃子事件報道を検証する【第48回】     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
毒餃子事件報道を検証する 原田 和明

第48回 「食品テロ事件」と考えていた中国公安省

 一連の毒餃子事件は、東アジア共同体構想を流産させようとの目論みで仕掛けられた食品テロ事件ではないかと、これまで推理してきましたが、事件が発覚した当初から中国公安省は「食品テロ事件」との可能性を示していました。

 2008年2月28日に開かれた中国公安省の記者会見(北京)で、次のやりとりがあります。(以下、産経・福島香織記者ブログ 2008年2月28日付より引用)

 新華社:何者かが中国やその他国家でメタミドホスを購入して日本に持ち込んで混入した、そういう可能性はないのでしょうか?

 余新民(公安省刑事探偵局副局長):経済のグローバル化、貿易の自由化、各国の現代社会の開放ぶりのもと、いかなる国家、地域も、自己管理範囲内に違法禁止品がないと保障することはできません。違法禁止品は別の国家や地域から流入することもあるのです。

 魏伝忠(国家 品質監督検査検疫 総局副局長):古今東西、あらゆる組織において、計画的犯罪とは、直接的に明らかにされるものではなく、相当な隠蔽性を備えているものです。いかなる犯罪の可能性もすべてあり、今回のギョーザ事件も、他国・地域から違法購入した農薬が日本に持ち込まれた可能性だってあるのです。
(引用終わり)

 この新華社の質問は最初から予定されていたと思われますが、中国公安省は当初より食品テロの可能性を考えていたことがわかります。そして実はこの点が「日本国内で毒物が混入した可能性は低い」という警察庁の結論に対する最大の反論になっています。・・

続きを読む »

タグ : ナショナリズム 真理省 1984年 安全 食品 ハイパー独裁 毒餃子事件報道を検証する

列車内性暴力と、「ぬれぎぬ」問題

“えん罪防止に向けた取り組み”

取り調べの可視化

検察の取り調べ「全面録画が妥当」90%

日本弁護士連合会は、警察や検察で行われている密室での取り調べがえん罪につながっているとして、取り調べの可視化(取り調べの全過程の録画)の実現を目指した活動を行っている。検察の取り調べを録画することについての意見を集めた、Yahoo!ニュースのクリックリサーチの調査では、「全面録画」を妥当と考える人が90%
検察の取り調べ「全面録画が妥当」90%


痴漢えん罪の予防
ドア付近や車両の隅に立たない
つり革・手すりは両手で持つ
女性の側に立たない
荷物は棚に上げる
誤解されるような態度を取らない(向かいに女性がいるときの携帯使用など)

夕刊フジBLOG「痴漢冤罪から身を守れ!」やAll About「不幸なえん罪を防ぐ!男の自己防衛ガイド」では、疑われた際の対応などを解説している。

痴漢冤罪被害 - 電車の痴漢犯罪対策室
電車内痴漢 ~ えん罪を防ぐ男の自己防衛策 ~ - SAFETY JAPAN(2006年4月18日)

続きを読む »

タグ : 安全 冤罪 ぬれぎぬ 性暴力

現代日本語における恣意的漢字表記の実例3(富山)

■「現代日本語における恣意的漢字表記の実例1(麻生)」「現代日本語における恣意的漢字表記の実例2(角田)」のつづき。■やはり、“和英/英和辞典 - Japanese⇔English Dictionary”の検索結果をはりつける【一部、固有名詞にリンクを追加】。


Search Results
word-starting-with-pattern search of text 富山 in the main and name dictionaries.

75 Matches Found
富山房【ふざんぼう】
(n) name of a publisher

富山【とみさん】
Tomisan (u)

富山【とみたか】
Tomitaka (s)

富山【とみやま】
Tomiyama (p,s)

富山町【とみやまちょう】
Tomiyamachou (p)

富山長次郎【とみやまちょうじろう】
Tomiyama Choujirou (h) (1928.7.30-)

……

富山太佳夫【とみやまたかお】
Tomiyama Takao (h)

富山【とやま】
Toyama (p,s)

富山紡績【とやまぼうせき】
Toyamabouseki (p)

……

富山湾【とやまわん】
Toyamawan (u)

-----------------------------------------
■「富山房」は、とてもよめない(表記上は、「冨山房」)。「富士山」は、慣用として、よくしっているから、苦もなくよめるように、ならされているだけ。
■いずれにせよ、「とやま/とみやま」を、前後関係から判断しなければならない。■一応、人名のばあいは「とみやま」といった傾向はつよいようだが、地名は個別におぼえるしかない(たとえば「富山県」「富山町」)。

■字体がちがうものとしては、「冨山」もある。これも、スキャナーかけるとか、検索をかけるときは、大問題のはずだ。

■これらは、いわゆる「訓よみ」をはじめてしまったことによって、おくりがなが構造的にユレるという一連の問題の典型例とみられる。〔「と(む)」(動詞)→「と(み)」(名詞)〕
■その意味では、「麻生」や「角田」とは、ちがった構造をかかえている。

続きを読む »

テーマ : 日本文化 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 日本語

【転載】アースデイあいち2009 LOVE&ビンボー春祭り

■東海地区むけの広報


アースデイあいち2009 LOVE&ビンボー春祭り
~きれいな地球で働きたい~


日時:4月26日(日)10:00~17:00(小雨決行)
会場:若宮広場(地下鉄名城線矢場町駅 徒歩5分)
※フリーマーケット出店者募集中・詳細裏面「アースデイ ビンボー」で検索!!
http://earthday-aichi.net

2009年のわたしたちのアース(メー)デーは「きれいな地球で働きたい」をスローガンに、地球の日アースデイ(4.22)と、労働者の日メーデー(5.1)の真ん中の日(4.26)に行います。

この日は、私たちの住む地球のことを考えましょう。
この日は、働くことの大切さを、考えましょう。
この日は、電線の上の鳥の声に、軒下の虫の声に、そして、隣の人の話に、耳を澄ませましょう。
この日は、食べるもの、住むところもない人の気持ちを、想像してみましょう。
この日は、少し古臭くて手間のかかることを、ひとつでも、してみましょう。
この日は、自分の働き方について、友人と話をしてみましょう。
この日は、よくかんで食べましょう。その食べ物の来た所を調べて見ましょう。
この日は、電気を消して、歩いて友人を訪ねてみましょう。
この日は、生きることと、働くこと、そして地球のことを、つなげてかんがえてみましょう。
これが、わたしたちのアースデイです。
みなさまの参加を、お待ちしています。

【出店方法】の詳細はコチラ。

●主催 アースデイあいち2009・LOVE&ビンボー春祭り実行委員会
●問合せ先 070-5640-0219(おがた) ed-aichi-net@hotmail.co.jp 
http://earthday-aichi.net
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1871325

アースデイあいち2009 LOVE&ビンボー春祭り1

アースデイあいち2009 LOVE&ビンボー春祭り2


●「LOVE&ビンボー春祭り アースデイあいち2008 開催」(JanJanニュース

尼崎JR脱線4年で追悼の集い(共同通信)

■「JR福知山線脱線事故被害者アンケート(産経/朝日/読売)」の続報。



“「被害者の変化を記録に」と遺族 尼崎JR脱線4年で追悼の集い”

 尼崎JR脱線事故から4年を迎えた25日午後、遺族や負傷者の団体による「追悼と安全のつどい」が兵庫県尼崎市のホールで開かれ、大事故を起こした企業の責任について意見が相次いだ。

 「4・25ネットワーク」の世話人で、妻と妹を亡くした浅野弥三一さん(67)=同県宝塚市=は、冒頭で「(JR西日本は)被害者ケアのために、状況変化を記録に残すべきだ」と訴えた。

 飛行機事故に詳しいノンフィクション作家の柳田邦男さんは「(大事故では)身元が分からず打ちのめされる遺族に、情報をしっかり提供していくことが大切」と強調。企業の対応について「遺族の声を取り入れることで、社員の意識を変え、事故の風化を防ぐことにもなる」と指摘した。

 つどいには被害者やJR西の社員ら約600人が参加した。

2009/04/25 18:07 【共同通信

続きを読む »

テーマ : 鉄道ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 安全

【転載】日本アーカイブズ学会2009年度大会のご案内

“日本アーカイブズ学会2009年度大会のご案内”


日 時:2009年4月25日(土)13:30-16:30
          4月26日(日)10:00-17:30

会 場:学習院大学JR目白駅下車5分)
    http://www.gakushuin.ac.jp/mejiro.html

参加費:会 員 1,000円(学生会員800円)
      非会員 1,500円(学生も)
*事前参加申し込みは不要です。


4月25日(土)13:30-16:30(受付開始13:00、会場:南3号館201)

 *総会 13:30-15:00

 *大会講演会 15:30-16:30
  菊池光興氏(国立公文書館、学習院大学客員教授)   
   「国民にひらかれた国立公文書館の構築 ―改革の軌跡と今後の展望―」

 *懇親会 17:00-19:00
 (会場:学習院大学輔仁会館 会費:3,000円予定)


4月26日(日)10:00-17:30(受付開始9:30、会場:北1号館201・401)


続きを読む »

タグ : 公文書 アーカイブ

【転載】「財政改革と今後の公共施設のあり方」(とよなか国際交流センター)

■「【転載】とよなか国際交流センター移転問題」の関連記事。

http://www.kizuna-toyonaka.or.jp/ivent/ivent.html

“財政改革と今後の公共施設のあり方”

日 時:2009年4月25日(土)15時~17時
場 所:とよなか国際交流センター2階にて
    〒560-0022 豊中市北桜塚3-1-28
    TEL.06-6843-4343 FAX.06-6843-4375
講 師:中川幾郎さん(帝塚山大学大学院政策研究科教授)
    平尾和さん(特定非営利法人とよなか市民活動ネットきずな事務局長)
参加費:500円 賛助会員は無料
主 催:財団法人とよなか国際交流協会
問い合わせ・申し込み:
    電話、ファックスまたはE-mail:toyonakakokuryu@tcct.zaq.ne.jp(担当:榎井 具)


http://www.jiam.jp/journal/pdf/v62/tokushu_03.pdf
http://www.tcct.zaq.ne.jp/positive-square/pdf/tsunagari_081001_24.pdf



●『財団法人とよなか国際交流協会』HP
●「豊中市 - mediajam
●旧ブログ「日本語教育」関連記事
●日記内「橋下」関連記事

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

タグ : にほんご教室 多文化保育 多文化共生 ナショナリズム 日本語教育 言語権 ニューカマー 入管法 言語教育

【転載】『ケーススタディ障がいと人権』出版記念シンポジウム

 4月25日(土)、下記のシンポジウムが開催されます。

 小社4月中旬刊行予定、『ケーススタディ障がいと人権http://www.seikatsushoin.com/bk/shogaitojinken.htmlの刊行を記念してのシンポジウムで、当日は当該書籍も特価で販売予定です。



 権利侵害の事例を、法廷に立った当事者、タッグを組んだ弁護士が、一緒に壇上で語る第一部と、障害と障害者に関わる法制度をめぐる喫緊の課題について報告され議論される第二部、 という構成になっています。

ご参加よろしくお願いいたします。

情報の転載・転送大歓迎です。
______________________

障がいのある仲間が法廷を熱くした!~障がい者への権利侵害事例と法廷での闘い

『ケーススタディ障がいと人権』出版記念シンポジウム
 障害のある人が、権利救済を求めるときに、大きなハードルがあります。第1に、法制度が障害のある人に対する配慮を義務付ける内容になっていない中で、これを突破する弁護士を探す必要があること、第2に障害のある人自身が自分の考えを持って裁判で闘う決意をしなければならないこと。

 このシンポジウムは、『ケーススタディ障がいと人権』(生活書院4月中旬刊行)の出版を記念して、法的制度的ハードルを突破しようと取り組んだ弁護士と、自ら決意し、法廷を熱くした障害のある原告が、呼びかけます。
 あなたも、権利回復に立ち上がって下さい。我々が支援します。

日時  2009年4月25日(土) 午後1時30分~4時40分(受付午後1時~)
場所  新宿区立産業会館[BIZ新宿] 
     〒160-0023 新宿区西新宿6-8-2 ℡.03-3344-3011
     東京メトロ丸の内線西新宿駅」より徒歩5分
     都営地下鉄大江戸線都庁前駅」より徒歩10分

主催  障害と人権全国弁護士ネット
参加費 1000円(当日は手話通訳があります)
問合せ先 黒嵜隆弁護士 フロンティア法律事務所 ℡.03-6912-3811

続きを読む »

法科大学院定員18%減、予定なし6校(読売)

■「法科大学院の「いきのこり」=「ムダ」とはなにか32」や「社会人入学3割切る=法科大学院の08年度入試-文科省(時事)」「志願倍率6・8倍に低下 定員割れ46校、法科大学院(共同)」、および旧ブログでの「法科大学院」がらみの記事との関連記事。

法科大学院定員18%減、予定なし6校…10~11年度計画

 全国74校の法科大学院が2010~11年度にかけて実施する定員削減計画の概要が22日、明らかになった。
法科大学院定員18%減、予定なし6校
写真の拡大
 計画により、総定員は現在の5765人から約18%減の4700人台となる見通しだ。
 法科大学院を巡っては、過剰な定員が司法試験の合格率低迷を招いたと指摘されており、中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)特別委員会が、定員を絞って教育の質を向上させるため、抜本的な定員削減を求めている。日本弁護士連合会も定員を4000人程度に削減するよう提言しており、削減数の上積みを求める声があがりそうだ。
 調査は法科大学院協会が74校を対象に、今年1月と3月にアンケート方式で行った。
 このうち、具体的な削減計画を明らかにしたのは41校の622人。削減の方向だが具体的な人数を決めていない大学院が22校あり、同協会関係者は最終的な削減数は1000人程度になると見ている。
 削減幅が最も大きいのは、新潟と神戸学院の41・7%、次いで鹿児島、東北学院、広島修道、福岡(09年度に削減)の40%だった。削減予定が「ない」と回答したのは、すべて私立で、専修、日本、立教など6校。
 08年の新司法試験合格率別では、1位の一橋(合格率61%)と2位の慶応(57%)は「検討中」で、3位の中央(56%)は削減予定なしとしている。
 一方、過去3回の新司法試験で1人しか合格者を出していない姫路独協は、09年度に既に定員を40人から30人に減らしている。08年の合格者がゼロだった信州と愛知学院は、信州が「検討中」、愛知学院は「最小11・4%、最大20%減」とした。

(2009年4月23日03時09分 読売新聞)

続きを読む »

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

タグ : 法科大学院

北大博士号謝礼:「学内一部で常態化」 長年の慣行 改まらず(毎日)

“北大博士号謝礼:「学内一部で常態化」 長年の慣行 改まらず”

北大博士号謝礼

 学位論文審査を巡り北海道大教授ら9人が博士号取得者から謝礼の金品計約60万円を受け取っていた問題で、教授の一人は学内調査に「教授になってから(恒常的に)もらっていた」と答えていたことが分かった。謝礼の授受はこれまで東京医科大などで明らかになっているが、医学系以外では初めてのケース。調査に当たった北大幹部は「学内の一部で常態化していた。金品授受のうわさは(自身が)学生の時からあった」と述べ、謝礼名目の金品授受が長年の慣行だった実態を浮き彫りにした。

続きを読む »

「DNA鑑定」の精度神話と、密室としての取調べ室

■「取調べ可視化試行「一部だけ、無意味」…志布志元被告ら不満の声(読売・鹿児島)」、「ニセの可視化(警察庁による「取り調べ適正化指針」)」や、旧ブログで何度もかいた、富山の冤罪事件「可視化」関連記事つながり。


“足利の女児殺害:DNA不一致の可能性も 20年目、新たな展開 /栃木”
 ◇月末に正式鑑定結果
 足利市で90年、女児(当時4歳)を殺害したとして、無期懲役が確定した元幼稚園バス運転手、●●●●受刑者(62)の再審請求の即時抗告審で、東京高裁の嘱託鑑定の結果、女児の衣服に付着していた体液と●●受刑者のDNA型が一致しない可能性が高いことが分かり、事件は発生から20年目に新たな展開をみせた。再審開始の手続きに入るか、裁判の行方が注目される。

 ●●受刑者の支援団体「●●さんを支える会・栃木」の西巻糸子代表は「(不一致の可能性を)報道で知った。すごくうれしいが、正式な結果が出るまでは見守りたい」と冷静に話した。また、弁護団の渋川孝夫弁護士は即時抗告審の今後の行方について「自分一人の考えを言うわけにはいかない」と述べた。

 足利事件の再審請求を巡っては昨年2月、宇都宮地裁が請求を棄却したが、弁護側が即時抗告。東京高裁が同12月にDNA型の再鑑定を命じる決定を下したのを受け、検察、弁護側双方がそれぞれ推薦した鑑定医が分析に当たっていた。正式な鑑定結果は今月末をめどに、東京高裁に提出される見通しという。【吉村周平、松崎真理、岩壁峻】

【関連記事】
“足利事件:体液と●●受刑者のDNA型が一致せず”
“栃木・足利の女児殺害:着衣再鑑定、DNA一致せず 再審の可能性も--東京高裁”
……
毎日新聞 2009年4月22日 地方版

続きを読む »

タグ : 可視化 真理省 警察

結局批判にこたえきれない 全数調査としての全国学力テスト

■何度もかいてきた全国学力テストの続報。

時事通信出版局 教員採用試験対策サイト
2009年04月20日13時08分

“●全国学力テスト、教員が独自に採点=犬山市”

 愛知県犬山市教育委員会は20日までに、2009年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)について、業者とは別に全14校の小中学校の教師が独自に採点する方針を固めた。生徒の解答用紙をコピーして、各校ごとの方法で担当教師が採点、授業改善に生かすという。
 採点結果が文科省から送られるまで約4カ月かかるため、授業改善に生かすには、担当教師が早期に採点すべきだと判断。抽出か全員かも含め、採点方法や授業改善への生かし方などの具体的な方策は、各校に任せる。
 同市教委は、学校間の競争や序列化を招くことなどを理由に、07、08年度は全国の市町村で唯一、学力テストに不参加だったが、今年度は参加を決めた。
 市教委は「参加する立場から全国学力テストの有効性について検証したい」と話している。(了)

続きを読む »

タグ : 全国学力テスト

「漢字検定」騒動、その後【その2】

■「「漢字検定」騒動、その後」の続報。


“文科省、損害賠償の検討を指導 漢検新理事長に”

鬼追明夫新理事長


 文部科学省は20日、日本漢字能力検定協会(京都市)の鬼追明夫理事長に、大久保昇前理事長らの関係する親族企業2社との取引解消と、既に取引をやめた別の親族企業2社に対する損害賠償の検討をするよう求め指導した。

 指導事項によると、協会と親族企業との不透明な取引は「漢字に関心を持ち学習する児童生徒の信頼を裏切る」と指摘。業務運営方法を再検証し「公益法人としての原点に立ち返り、うみを出し切るべきだ」とした。

 問題解決にめどが立つまでの間、検定事業の停止・延期を含め検討するよう求め、事業への文科省後援名義の使用も取り消した。

 元日弁連会長で16日に就任した鬼追理事長は、先に提出した改善報告書などに基づき「100日以内にできることはすべて改革する」と伝え、「大久保色は残さない。検定業務は続けさせてほしい」と要望した。

 会見した鬼追理事長は、15日に理事辞任を表明した前理事長と長男の浩前副理事長は後任が決まった段階で辞めると説明。2社との取引解消については「好ましくないと思っても短絡的にやるわけにはいかない部分もある」と述べた
2009/04/20 19:56 【共同通信】

--------------------------------
■あれれ。はっきりしないね。

続きを読む »

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

タグ : 日本漢字能力検定協会

生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム49

■「生活保守主義としての「食の安全」意識とナショナリズム48」のつづき。■今回も、原田和明さんの「毒餃子事件報道を検証する」を転載(リンク・改行等、かってに追加も、いつもどおり)。一部、あきらかなモレを補足してある。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
世界の環境ホットニュース[GEN] 708号 09年04月11日
……
毒餃子事件報道を検証する【第47回】     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
毒餃子事件報道を検証する 原田 和明

第47回 「箱の外から注射」実験

 中国で毒物の混入方法に関する検証実験が行なわれていたことを、4月2日の毎日新聞がスクープしました。毒物は段ボール箱の外側から注入されたとの想定の下で、中国の公安当局がその検証実験を政府系研究所で行なっているというものです。この記事が、天洋餃子横流し事件の取材に熱心だった共同通信・読売新聞ではなく、なぜ毎日新聞から出たのか? との疑問もさることながら、日本のメディアが「注射器で毒物注入」の可能性に言及したのは初めてのことで画期的です。ところが、毎日新聞以外のメディアは、このスクープに対してまったく反応を示しませんでした。対応が分かれた背景には何があるのでしょうか?

続きを読む »

タグ : ナショナリズム 真理省 1984年 安全 食品 ハイパー独裁 毒餃子事件報道を検証する

高度複製技術社会のなかの、知的所有権=複製技術の産物,大衆社会再考7

■旧ブログ「複製技術の産物,大衆社会再考」シリーズでかいたこと、その続編である、「「知のカラオケ化」再考=複製技術の産物,大衆社会再考6」やら、「日本文藝家協会、「Googleブック検索」の和解案に抗議声明(INTERNET Watch)」や、日記内で、いくつかかいた「複製技術」関連記事の続報。


■以下、法律家によるウェブ情報の「著作権」問題の解説記事(『ブログ著作権ガイド [Blog Copyright Guide] 著作権って?』)を転載(リンクを、かってに追加)。

ホームページで「引用」をするときに、気を付けなければならないこと
 ホームページに限らず、著作物で公表されたものについては、「引用」して利用することができます。 

 著作権法では「引用」について、それが公正な慣行に合致するものであって、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行われるものである限り、著作権者の許諾を必要としないと規定されています。「引用」をするにあたり、具体的には以下の点に注意が必要です。

1、自分の著作物と、引用する著作物を明確に識別できるようにすること。例として、引用する著作物にカギ括弧をつける、枠で囲む、自分の著作物との間に一行空けるなど。

2、自分の著作物が「主」で、引用する著作物が「従」の関係であること。なお、主従の関係は量的なものに留まらず、質的にも要求されると解されています。

3、「出所の明示」をすること。引用する著作物の出典名などを明示しなければなりません。

---------------------------------------
■この解説をよむとおり、この日記のなかでも、原田和明さんのメールマガジンを転載している記事群や、“田中宇の国際ニュース解説”、それと、各種新聞記事の転載などは、「引用」の規定をはずれているというほかない。
■ただ、複製技術が インターネット時代の 帰結としてGoogleなど、超高速の検索ロボットを開発させてしまった以上、ウェブ上のデータは、実質的に「違法コピー」をうんぬんする次元をこえてしまったとおもう。

続きを読む »

たばこ 小中学生でも買えた 顔認証の自販機の誤作動?(京都新聞)

■旧ブログで 何度かとりあげた「自動販売機」関連記事、および「タバコ自販機の成人認識カード導入」の続報。

Kyoto Shimbun 2009年4月17日(金)

“たばこ 小中学生でも買えた”
顔認証の自販機の誤作動?

たばこ 小中学生でも買えた
実験のため自販機の内蔵カメラで
顔を撮影する男児。
機械は男児の顔を成人と誤って認識し、
たばこが買えた(7日、城陽市)


 たばこを購入する際の成人識別装置の一つ「顔認証方式」の自動販売機で、昨年7月以降、京都府内で小中学生がたばこを購入したケースが少なくとも6件あることが17日、京都府警少年課の調査で分かった。府警は機械が誤認識したとみて、販売形態を含め機械を認定した財務省と製造会社に改善を求めた。

 少年課によると、補導した少年らがたばこを持っていたため、購入方法を聞いたところ、京都市や城陽市の6人が顔認証方式の自販機で購入していたという。

 府警は7日、機械が未成年を成人と誤認識する恐れがあるとして、城陽市内のこの方式の自販機で小学5年生の男児(10)の協力を得て精度の実験をした。3回中1回、購入できた。実験に立ち会った男児の父は「子どもが簡単に買える販売機は問題」と憤った。

 顔認証方式の自販機は自動販売機メーカーのフジタカ(長岡京市)が2007年に発売した。識別装置で骨格やしわなどを判定し、年代層を識別する。府内で約120台設置され、財務省が08年7月、成人識別装置と認定した。

 フジタカは「判定基準を高めたソフトに変更している」と説明。財務省は「メーカーに原因究明と改善を指導しており、認定は問題ない」としている。

------------------------------------
■そのうち、機械判定の制度はあがるだろう。■しかし、問題は、ヒトなら一見して識別できるような水準での未成年者を機械がみのがしてしまうという、アナログ情報のディジタル式判定の致命的限界ってことだとおもう。■こまかなキズ・ユガミなどを 目視によって判定することが結局合理的だといった、工場現場などの経験をみても、機械がナマモノを判別するという発想自体に、根本的な問題があるんだとおもう。

続きを読む »

テーマ : みんなに紹介したいこと - ジャンル : ブログ

日本文藝家協会、「Googleブック検索」の和解案に抗議声明(INTERNET Watch)

“日本文藝家協会、「Googleブック検索」の和解案に抗議声明”

Googleブック検索
日本文藝家協会は「Googleブック検索」の
米訴訟和解案に抗議声明を発表した


 日本文藝家協会は15日、米Googleの書籍検索サービス「Google Book SearchGoogleブック検索)」を巡る訴訟の和解の結果、権利者が何らかの措置を講じなければ著作権侵害行為が公然と続けられてしまうとして、米Googleに対する抗議声明を発表した。

 Googleでは、世界各国の図書館や出版社などと提携し、スキャンした書籍を閲覧できる「Google Book Search」サービスを展開している。図書館から提供を受けた書籍については、著作権保護期間内の書籍は本文の一部のみが検索結果として表示されるだけだが、保護期間が切れた書籍については内容の全文閲覧が可能となっている。

 米Googleでは、図書館からスキャンした書籍のうち、著作権保護期間内であっても絶版または市販されていない書籍である場合には、全文閲覧を可能とする計画を打ち出したが、米国出版社協会Association of American Publishers)などがこれに反対。同協会などが2005年にGoogleに対して集団訴訟を起こしたが、2008年10月に和解に合意した。

 和解により、著作権の保護期間内である書籍についても、絶版または市販されていない書籍であれば閲覧可能となり、Googleは著作権保護期間内の書籍の使用により得た全収益の63%を権利者に支払うことなどが決められた。また、この和解は「米国著作権を有するすべての人物が含まれる」とされている。著作権に関する国際条約の「ベルヌ条約」により、加盟国で出版された書籍は米国でも著作権が発生するため、日本の著作権者にも影響がある。これに伴い、米国訴訟の和解管理者は日本の著作権者に対して、2月24日に新聞広告などで通知を行い、和解に同意するかどうかの意思表示を5月5日までに行うよう求めている。

 日本文藝家協会では米国訴訟の和解案について、「米国内においては一定の評価を与えられるかもしれないが、私たち、外国の著作権者らにとっては、その手続きおよび内容はまったく承服できないものである」と抗議。権利者への通知も一部の新聞・雑誌に各1回広告が掲載されたのみで、何もしないままであれば和解に同意したと見なされるという手続きなどに対して、「私たちの権利は、今や米Googleの違法行為によって踏みつぶされそうになっている」と訴えている。

続きを読む »

タグ : 1984年

「漢字検定」騒動、その後

漢字検定関連記事の続報。


【漢検】改善報告書を提出、大久保理事長らが全役職を辞任
2009.4.15 19:49
日本漢字能力検定協会大久保浩副理事長

文部省からの改善指導を受け、文部省の上月課長に報告書を
手渡す財団法人日本漢字能力検定協会大久保浩副理事長
=15日午後、千代田区霞ヶ関の文部科学省


 公益法人として不適切な運営が表面化していた財団法人「日本漢字能力検定協会」(京都市)の大久保昇理事長と息子の浩副理事長が15日、文部科学省を訪れ、検定料引き下げなどを内容とする改善報告書を提出するとともに、2人ともに理事職を含む全役職から退くことを表明した。一連の問題発覚後、初めて会見した大久保理事長は「道義的責任を明確にしたい」と述べ、関係者や「漢検」受検生に対して謝罪した。

 協会の理事会は10日、大久保理事長と浩副理事長の辞任を了承したが、報告書では2人は理事にとどまるとしていた。しかし、塩谷立文科相は14日の会見で「責任の所在の明確化という点で疑問が残る」と表明。大久保理事長らは15日になって理事辞任を決め、同日午後の報告書提出時に、口頭で文科省に伝えたという。

 報告書では、改善策として6月から検定料を500~100円値下げし、外部監査を導入。業務実体がないと指摘されたファミリー企業との取引については、4社のうち2社との取引を中止する。協会が漢字資料館名目で15年に約6億7000万円で購入した京都市左京区の邸宅は売却し、公益事業に充当する。

 漢検協会をめぐっては、漢字検定で年間7億円前後の過剰な利益を出し、文科省から検定料引き下げを繰り返し求められていたことが1月に発覚。ファミリー企業との不透明な取引も明らかになり、同省が3月、運営改善を指導した。

---------------------------------------
■道義的責任という論法は、おかしい。おかしたことは、犯罪だろう。

続きを読む »

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

タグ : 日本語

カルデロンさん両親が帰国 『必ず会いに来ます』のり子さんと別れ惜しむ(東京新聞)

■「家族を分断することを なんともおもわない裁定を当然視する法務省がまた…」の続報。

“カルデロンさん両親が帰国 『必ず会いに来ます』のり子さんと別れ惜しむ”
2009年4月14日
カルデロンさん一家
支援への感謝を込めたカードを市民に手渡す
カルデロンさん一家=JR蕨駅前で



 強制退去処分を受けた蕨市のフィリピン人、カルデロンさん夫婦が、在留特別許可を得た長女のり子さん(13)=同市立中二年=を日本に残しフィリピンへと帰国した十三日、一家は別れを惜しんだ。のり子さんらは十二日、JR蕨駅前で手作りカードを配り、周囲の支援に感謝の気持ちを表していた。

 のり子さんは十三日も登校したが、父アランさん(36)と母サラさん(38)を見送るため、早退して午前十一時前に帰宅した。

 自宅にはアランさんの同僚五人が駆けつけ、帰国の準備を手伝った。正午すぎ、目をはらして自宅を出たアランさんは、職場の同僚や住んでいたアパートの大家と抱き合い、「ありがとう」と別れを惜しんだ。大家によると、アランさんは「カムバックするから、また必ず会いに来ます」などと話したという。

 その後、三人はJR西川口駅へ。涙ながらに歩く、のり子さんとサラさんは手にハンカチを握りしめたまま。アランさんは「日本のみなさんが応援してくれて、本当に感謝しています」と語り、成田空港へと向かった。

 十二日にカードを配った際には、受け取った人から、一家に励ましの言葉もかけられた。蕨市の内装業菊池隆さん(25)は「まだ中学生。両親のうち一人でも残すべきでは」と話した。同市内の主婦(73)は「同情はするが法律は守るべきだ。(のり子さん)出産時に国が在留資格を確認していれば避けられた事態で、子どもが一番かわいそうだ」と話した。

    ◇

 支援者らがのり子さんの学費や生活費を援助する「のり子基金」を発足させた。基金はゆうちょ銀行、口座番号「10070-31787101」。ゆうちょ銀行以外から振り込む場合は、支店名「〇〇八」、口座番号「普通3178710」、口座名義「のり子基金」。

 (山内悠記子、水越直哉)

-------------------------------------
■「出産時に国が在留資格を確認」することが簡単だったんだろうか? 今回の件が、在留資格ぎれを理由とした母親の逮捕から はじまっている以上、むすめさんの在留資格を確認しようとすれば、即座に全員強制退去処分にあう、といった事情があったんではないか?
■「子どもが一番かわいそうだ」などと、同情してみせるが、低賃金でこきつかう日本社会、しかも その一部は、あきらかに「在留資格ぎれ」などの「不法滞在」を理由とした低賃金という構図には、全然ふれないまま、自分たち日本国籍者が利益だけをえているという自覚がないのは、まずかろう。

■「家族を分断することを なんともおもわない裁定を当然視する法務省がまた…」でも紹介したとおり、もとフランス人と称する人物が、「だまされないで!!」などと、のり子さんに、かたりかけていた。もし、偽装帰化者だとすれば、実に悪質というべきだろう。


●Google検索“カルデロン”
●ブログ『多文化・多民族・多国籍社会で「人として」
日記内関連記事
旧ブログ関連記事

原発配管、データ改ざん 日立委託先、浜岡と島根で(共同)

■前便「柏崎刈羽原発:倉庫で火災 7号機再開に影響も(毎日)」の関連記事。


“原発配管、データ改ざん 日立委託先、浜岡と島根で”
 日立製作所などは13日、製造を請け負った中部電力浜岡原発5号機と中国電力島根原発3号機(建設中)の「湿分分離加熱器」という装置で、配管の溶接部の熱処理記録の一部にデータ改ざんが見つかったと発表した。

 日立は「基準は逸脱しているが、材料や安全性に問題はない」としているが、今後詳しく調べる。日立が製造を担当したほかの17基の原発についても、同様の事例がないか調査している。

 日立と日立GEニュークリア・エナジーなどによると、この装置は、原発の熱効率を高めるためタービンへ行く蒸気から湿分を取り除いて加熱する機器。配管を割れにくくするために「日本工業検査」に委託した熱処理で、温度管理が不適切だったため基準より速く温度が下がったが、そのデータを記録紙から漂白剤で消していた。〔共同〕(13:50)

続きを読む »

タグ : 真理省 1984年 安全 ハイパー独裁

柏崎刈羽原発:倉庫で火災 7号機再開に影響も(毎日)

“柏崎刈羽原発:倉庫で火災 7号機再開に影響も”

 11日午後10時25分ごろ、東京電力柏崎刈羽原発新潟県柏崎市刈羽村)敷地内の予備品倉庫で火災報知機が鳴った。県警柏崎署によると、空調機のモーターのベルトが焦げて煙が充満しており、放水はせず、約2時間後に鎮火を確認した。倉庫には測定機器などの予備品が保管され、放射線管理区域外。放射能漏れなどの影響はなかった。

 原発は07年7月の中越沖地震被災し、全7基が停止中。復旧作業が終了した7号機は、東電が県などに運転再開の事前了解を申し入れ、近く正式に容認される見通しだった

 同原発では復旧作業中に8件の火災が相次ぎ、3月には7号機の再開論議が一時中断。東電は防火体制に万全を図るとしていただけに再開論議に影響が出るのは必至とみられる。【五十嵐和大】

【関連記事】
“柏崎刈羽原発:県議会に説明後運転再開判断へ 新潟県知事”
“柏崎刈羽原発:夏前の営業運転再開を目指す”
“柏崎刈羽原発:地元首長も運転再開を容認”
“柏崎刈羽原発:7号機の安全性「おおむね確保」…新潟知事”
“柏崎原発:新潟県技術委が7号機の運転再開を了承”
毎日新聞 2009年4月12日 1時11分(最終更新 4月12日 1時50分)

続きを読む »

タグ : 原発 中越沖地震 被災 柏崎 刈羽 火災

教科書検定 事実誤認も見逃す杜撰さ(琉球新報)

教科書検定について、以前から くりかえしてきたことを、少々整理して、かきとめておくだけでなく、おもいついたことを補足しておく。■以下は、『琉球新報』の「社説」の全文。



“教科書検定 事実誤認も見逃す杜撰さ”
『琉球新報』「社説」2009年4月11日

 事実誤認が甚だしい教科書が文部科学省教科書検定で合格した。
 誤った歴史が後世に事実として教授される。これは放置できない。検定制度の不備を早急に是正する必要がある。
 検定に合格しながらも、「欠陥」教科書と指摘されているのは「新しい歴史教科書をつくる会」が執筆し、自由社が発行した中学歴史教科書だ。
 事実誤認は例えば、第2次大戦での硫黄島の戦い。それに続く沖縄戦の開始時期だ。
 同書は「(1945年)4月、米軍は沖縄本島に上陸し、ついに陸上の戦いは日本本土に及んだ」と記述している。
 だが、国内での地上戦は沖縄ではなく硫黄島が最初だ。これでは硫黄島は日本ではないことになる。
 地上戦の開始も米軍が沖縄本島に上陸した4月と読める。だが、米軍は実際には3月26日に慶良間列島に上陸している。慶良間列島はまぎれもなく沖縄だ。そこで起きた住民の悲劇に触れないというのも解せない。
 さらに同書は、琉球王朝が「沖縄県」になった「琉球処分」について、多くの教科書が触れてきた新政府が軍隊や警察の力を背景に「強制」した事実を省略している。
 「琉球処分がスムーズにいったような書き方」に、事実に大きな間違いがある、沖縄の立場を無視しているとの批判が出ている。
 そもそも同書は、最初の検定段階で516カ所も「検定意見」が付き、不合格になった。
 それが、訂正・再提出され、さらに136カ所も再修正されている。その上での今回の「合格」だ。
 修正個所があまりに多すぎて事実関係の誤記や記述漏れを教科用図書検定調査審議会(検定審)が見逃したというわけではなかろう。
 むしろ最初に516カ所、2度目も136カ所も検定意見を出したほど徹底検証したはずだ。
 だとするならば、沖縄戦や琉球処分などで同書が犯した「事実誤認」は、執筆者らのみならず合格とした検定審にもある可能性もある。
 「歴史を歪曲(わいきょく)し、戦争を賛美する危ない教科書」と批判される教科書に国がお墨付きを与え、学校現場に送り出す。
 一方で、国は沖縄戦の「集団自決」(強制集団死)での軍関与の史実をゆがめ、記述復活にも応じない。検定制度の不備と杜撰(ずさん)さ、危険性はもはや明白だ。

-------------------------------------------
■(1) 「誤った歴史が後世に事実として教授される」といった見解は、完全な権威主義である。こういった 学校教育に対する神話的思考、アカデミズムの俗流的応用にもたれかかった心理に とらわれているかぎり、右派に その あしもとを つけねらわれつづける。■必要なのは、「学界の権威の発言であれ、ウラとりを一応しないかぎり、うのみにしない」という、知的警戒感の維持、緊張感の欠落への危機感であり、学校が 「通説の注入」にならないよう 注意をはらう体制づくりだ。■不充分ではあれ、史的実証主義で 事実に肉薄しようとし、俗論に あしもとをすくわれまいとする歴史研究者の いいところを、マネる姿勢の一般化こそ、社会が冷静になる基本的方向だ。
■理念上は、教科書の誤記はもちろん、事実誤認を演習形式で 訂正するような授業こそ、実践されねばならない。

■(2) しかし、現実の中学・高校の歴史教育担当者の水準が端的にしめしているとおり、そういった 科学的な歴史認識やら、それにそった指導なんぞは、とても のぞめたものではないのも事実。■現場教員の大半は、史的実証主義の前線にふれたこともなく、それをうめあわせるような教科教育法を、大学の教職科目で受講することもなく、しかも、教科教育以外の公務分掌やら生活指導・クラブ顧問等の激務においまくられている。およそ、大学卒業後、史学教育の理念とは正反対の現実をいきており、しかも、それらが「研修」などで修正されることなど、のぞめない。「教師用指導書」に もたれかかって、授業準備を「つなわたり」で くりかえすだけだろうから。

■(3) しかし、一方、おそらく 受験科目に歴史を選択しなかった層は、歴史小説やマンガ・ゲームなどの俗流史観による、擬似史実で補強する以外に、史的事実のデータ自体をまともにみにつけないし、受験生は受験生で、たまたま予備校テキストや参考書のベストセラーで 入試むきに強調された歴史事項の部分以外を、すっかりわすれさるだろう。■その意味で、0.4%といった採択率しかもたない 超弱小ブランドなど、国民の史的認識の動向に、深刻な影響をあたえるという不安視こそ、あまりに過敏な反応だ。
■かりに、沖縄県民が日本国民の1%しかしめず、99%をしめる他県の人口の歴史認識こそ、「包囲網」と感じられるにせよ、それこそ採択率1%にみたない歴史教科書が、数年間生徒のごく少数に配布されたといった事実で、危機的状況がうまれるというのは、認識として過剰だろう。
■むしろ、いかにも体制護持的な史観を提示した教科書でない、ほかの圧倒的多数の歴史教科書の記述の無自覚なナショナリズム=イデオロギー性こそ大問題だろう(ましこ・ひでのり『イデオロギーとしての「日本」』)。■沖縄の一部の先生方はともかく、日本政府の姿勢に一貫して批判的だった、『琉球新報』や『沖縄タイムス』両紙は、圧倒的多数の採択率をほこる 他社の歴史記述の 事実誤認やイデオロギー性をきびしく とうてきただろうか?

続きを読む »

タグ : ナショナリズム 真理省 1984年 ハイパー独裁 オーウェル

複製技術と潜在的才能≒人生の可能性

■ときどき更新される社会学者のブログ(晴耕雨読-ある社会学者の日常)の最新記事。



http://koharakazuma.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-2890.html
2009年2月15日 (日)
あきらめること、について

昭和初期のカラー映像」という記事について、友人からコメントをもらった。

 昔の人たちのたたずまいの美しさに感動したこと、そうした美しさはもしかしたら、「あきらめ」を知っていることによるのだろう、ということ。「あきらめ」ってネガティヴにとらえられがちだけれど、それは一種の人生に対する覚悟みたいなもので、そこから僕らは多くを学べるのではないか、といった内容だった。

「昔の人たちはあきらめることを知っていた」という実感は僕もある。

 たとえば学生さんを見ていると、僕らの年齢とたかだか20くらいちがうだけなんだけど…、…でもそのたった20年くらいの間にも、「あきらめる」っていうことがずいぶんなくなってきている気はする。

 言い方は厳しいかもしれないけれど、覚悟を決めずにずるずる就職浪人したり、勉強を特にしたいわけでもないのになんとなくモラトリアムで大学院進んだり、という人がすごく増えているように感じられる。


 そしてそれは少しも他人事ではなくて、僕自身だってちょっと上の世代からみたら同じように見えるのだろうと思う。同世代から見てもそうなのかもしれない。そういう意味では良くも悪くも時代の先端をいっている気はする。

続きを読む »

「19歳が皇太子夫妻に投石」(少年犯罪データベース)

■ちょうど50年まえの事件を「少年犯罪データベース 19歳の犯罪」から。

昭和34年(1959).4.10〔19歳が皇太子夫妻に投石〕
 東京都皇居前で御成婚パレードの皇太子夫妻が乗った馬車に、長野県の浪人生(19)が投石し、さらに馬車に駆け寄ってよじ登ろうとしたが、警官隊に逮捕された。「天皇制には反対だ。こんな人を集めて道を開けさせるなどけしからん。引きずり落として訊いてみようと思ってやった。ふたりが結婚するだけで2億3千万円もつかっている。税金は福祉事業につかうべきだ。こんな馬鹿げた行事は今後いっさいぶちこわしてやる」と自供。家にあったノートには「税金をつかう虫を殺せ」などと書かれていた。
 精神分裂症と鑑定され、保護処分となった。
 加藤文明社の20世紀 映像コレクションの302に映像あり。

---------------------------------
■少年は、精神障碍でなどなかったようだ。そう鑑定結果をださないと、皇室の権威はもちろん、少年とその家族の安全自体が保証できなかったからだろう。
■ともあれ、この巨大ページェントと5年後の東京オリンピックという2段階でテレビ受像機の大衆化がすすみ定着したわけだから、NHKの紅白歌合戦などとならんで、画期といってよかろう。


■Google検索皇太子 成婚 パレード 投石
“現在の天皇皇后両陛下の結婚パレードの時に、馬車に向かって何者かが何かしようと試みたというのは本当ですか??”
“月刊『記録』: 石原慎太郎の天皇観と「あれをした青年」”
“ご成婚への投石事件 - ひまじんさろん”
●「■ 天皇制問題と石原慎太郎 ■
“心に残る「あのできごと」/1959-ご成婚パレード投石事件”
■Google「奥崎謙三
■Google「昭和天皇パチンコ狙撃事件
■Google『ゆきゆきて、神軍
■Google「富村順一
■ウィキペディア「4月10日
●日記内「富村順一」関連記事
●旧ブログ「日米地位協定と沖縄 5

タグ : ナショナリズム 真理省 1984年 ハイパー独裁

ケータイでブログ更新すること

■愛機=戦友であるノートパソコンが起動しなくなり、はや数日。■ネットにつなげる環境を本務のあいまに確保することが、かなり困難になった。
■なので、日常、メールもロクにつかわないケータイでブログ更新をやってみる。
■すこぶる快調!とうそぶきたいが、とてもそういった気分になれそうにない。■モジ変換にやたら時間をとられるし、パソコンの画面でながめたとき、どんな印象なのかの確認が、当然できないわけで、正直、ストレスがたまる一方である。苦笑。
■まあ、ケータイからアクセスしたとき、どうみえるかの確認はいずれ、しなければいけないとかんがえていたし、いい機会と、まえむきにわりきろう。

つけたし
■いずれにせよ、こういった極小画面だけからのぞいて、ブログなどをよもうという感覚は正直理解にくるしむし、ましてや、完全に一覧性にかけるこの環境のもとで毎日のように更新作業にいそしむ層が膨大に実在するのだとすれば、おどろくべきことではないか?

生徒の反応から「生徒の視点」に気づけ(藤沢晃治)

藤沢晃治「分かりやすい教え方」の技術』(講談社 ブルーバックス)に、円錐を「三角形」だと、いいはる教員の たとえがでてくる。

円錐
        〔上図=ウィキペディア「円錐」から〕

■藤沢氏は、「円」にみえると主張する生徒との 認識のズレを、すなおに うけいれるという<たとえ>でもって、「生徒の視点」という 異文化への無知を修正して成長していく教師像を提示しようとしたわけだ。■しかし、この たとえは、すぐれているようにみえて、かなり ハズしているようにしかみえない。

続きを読む »

テーマ : 教師のお仕事 - ジャンル : 学校・教育

「わかりにくさ」を伝えること(内田健)

■日本経済評論社という出版社の『評論』という冊子(本にはさまっているヤツ)のNo.128(2001.12)の1ページめにある社会学者のエッセイの冒頭部分を転載。

 かつて社会学者井上俊は、「解説」と「評論(批評)」という二種類の言語行為を対比させ、つぎのように語った、「解説」がある現象に意味づけを与え、それになじみの薄い人びとにもわかるように説明することであるのに対し、「批評」とは人びとの間に常識として浸透している意味づけを打破する行為なのだと。社会学(および社会科学一般の)教育は、井上のいう「解釈」と「批評(ないし批判)」とを一時に果たそうとする困難な営みだといえるかもしれない。
 社会学は、広く普及している常識に亀裂を生じさせ、人びとにとって「既知」とみなされている現象のもつ「未知」の相貌を浮上させようとする、すぐれて「批評」的な営みである。つまり社会学が伝えようとするのは、「あなた方は○○についてわかったつもりになっているが、事態は意想外に複雑で、きちんと理解することはたやすくはないのですよ。あなた方の手持ちの知識は、よくて事の実相の反面しか捕捉していないし、悪くすると実相を歪め、あるいは覆い隠すように働いているかもしれませんよ」というメッセージなのである。……

------------------------------------
■大先生らしい井上俊先生やら、紹介している内田先生やらの まとめは、ハズしているとおもう。■すくなくとも、社会学は「解説」を主眼にしていない。「ある現象に意味づけを与え、それになじみの薄い人びとにもわかるように説明すること」≒「解説」≒「紹介+注解」は、おもにジャーナリズム・初等中等教育がおこなう作業であり、大学以上でしか 事実上であえない 社会学の「本務」ではない。
■社会学は、本質的に、自明性の解体行為(「、広く普及している常識に亀裂を生じさせ、人びとにとって「既知」とみなされている現象のもつ「未知」の相貌を浮上させようとする」行為)なのであり、「なじみの薄い人びとにもわかるように説明する」ような作業が必要な層にほどこされている教育行為は、絶対に「社会学」ではない(笑)。それは、教養教育というべきだ。

続きを読む »

大新聞が書けない「迎撃ミサイル利権」8000億の深さ~頑張れ、日刊ゲンダイ(情報流通促進計画)

■「ミサイル防衛システムをめぐる論争という茶番劇=「ムダ」とはなにか51」および、「「アジアの世紀」の光と影(田中宇の国際ニュース解説)」の追加記事。■『情報流通促進計画』からの転載。

“大新聞が書けない「迎撃ミサイル利権」8000億の深さ~頑張れ、日刊ゲンダイ”

迎撃ミサイル利権
 迎撃ミサイルなんて無駄かつ有害なものの宣伝を毎日、テレビ、新聞で展開している日本の大メディアっていったい、何…? 戦争のときの反省はいったいどこへ?クロスオーナーシップ、総務省支配(独立行政委員会の不存在)、巨大広告代理店による支配(一業種一社制の不存在)などのシステムと地デジ、再販制度などの利権によって牙をもがれたマスメディアには、反省なんて文字がとっくの昔に札束で封印されているのかもしれない。

 その点、駅売りでしがらみのない「日刊ゲンダイ」はずばり、ポイントをついている。

続きを読む »

テーマ : これでいいのか日本 - ジャンル : 政治・経済

タグ : ナショナリズム 真理省 1984年 ハイパー独裁

【転載】「環境影響評価(アセスメント)の準備書について」(辺野古浜通)

Subject: [wam_ml:02300] 環境影響評価(アセスメント)の準備書について
(辺野古浜通信)
From: "SachikoTaba"
Date: 2009/04/03 1:06
To: wam_ml@wam-peace.org

田場祥子です。


辺野古浜通信をお届けします。

************************************

辺野古浜通信です。
既に閲覧に言った方も、ニュースを見た方もいらっしゃると思いますが、
沖縄県外ではニュース自体が目に触れないようですので、
http://henoko.ti-da.net/ にいくつかリンクしておきました。
今回の準備書で、アセス調査にさえ影響を受け、主たる棲息場所を移さざるを得ないくらい、ジュゴンへの影響が顕著に表れていることは良く判りました。それだけでも基地はつくるべきではないことは確かです。

ところで環境影響評価(アセスメント)の準備書の内容は、極めて不誠実、
非科学的・・・

5400ページを一言で要約すると「ゼロオプションが無い(工事をしない選択がない)」です。

もう2、3言加えると、次のようになります。

【ジュゴンについては】
○ 嘉陽に常駐確認できたのは本島全体でも古宇利の2頭と嘉陽の1頭のみで最小3頭
○ 建設予定海域には食み跡がなかったから餌場への影響はない
○ ジュゴンの複数年調査に関しては充分資料が揃ったので必要ない。1年で打ち切り。

【サンゴについては】
○ 施設建設によって消失するのは大浦湾の3.5%に過ぎない
○ また、建設区域には注目されるサンゴはない
○ 波や潮の流れの変化はサンゴと関係なく、地形変化もない
○ 一部サンゴが消失しても移植により保全措置をとるので、十分に環境に配慮している

命も、シマも、自然も、人も・・愚弄した書類です。

続きを読む »

タグ : 真理省 1984年 ハイパー独裁

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。